いいかげん暮らし

なるべく丁寧、疲れたら手抜き

忙しい朝にぴったりな、オニオングラタンスープ*トースターにお任せです。

チーズがとろ~り。飴色玉ねぎのスープが美味しい。寒い冬の朝、目を覚ますのにぴったりなオニオングラタンスープ。

仕込みに時間がかかりますが、休日に玉ねぎさえ炒めておけば、忙しい平日の朝でも楽々です。あまり時間はかけられなくても、家族に温かくて美味しい朝食を作りたい。そんな働くママに、ぴったりの朝ごはんです。

f:id:YellowViolet:20170328100658j:plain

飴色玉ねぎの作り方

玉ねぎが大量に手に入ったら、傷む前に飴色玉ねぎにしてしまいます。

スライサーでおろすと、一玉2分ぐらいで、あっという間に、オニオンスライスのできあがり。これをそのままフライパンに入れ、まずはバターを入れずに、そのまま火にかけ、炒めていきます。

f:id:YellowViolet:20170328100647j:plain

水分が飛んで、しんなりしてきたら(5分ぐらい)、バターを入れます。お好みでですが、私は大1ぐらい入れます。

f:id:YellowViolet:20170328100649j:plain

弱火にして、木べらで混ぜながら炒めていきます。飴色にするには、混ぜすぎずに、3分ごとに混ぜる感じです。周りで茶色くなってくる、玉ねぎの糖分がカラメル化したものも、こそげながら炒めていきます。

20分ぐらいでできあがりです。2個の玉ねぎがこんなに小さくなりました。いい香り。これでオニオングラタンスープ4杯分ぐらいになります。

f:id:YellowViolet:20170328100651j:plain

こちらをホーローの保存容器などに入れ、保存しておきます。

スポンサーリンク
 

オニオングラタンスープの作り方

朝は、前の日につくっておいた飴色玉ねぎでスープをつくったら、スープカップに、パン、スープ、チーズを入れて、トースターで焼くだけ。ほったらかしておけるので、準備が楽々です。

飴色玉ねぎの半量と、水300mlぐらい、スープの素を分量通りに入れて、火にかけます。

f:id:YellowViolet:20170328100653j:plain

沸騰してくると、灰汁がかなりでますので、取り除き、火を止めます。

耐熱のスープカップに、ちぎったパン、温めたスープ、とろけるチーズを乗せて、トースターを10~15分にセット。後は「チン」と出来上がるまで、ほったらかしです。

f:id:YellowViolet:20170328100656j:plain

さらに朝の時間を短縮したい場合は、前日に、スープをつくるところまで下ごしらえをしておけば、3分ぐらいで準備できますね。

f:id:YellowViolet:20170328100702j:plain

中はとろ~り、表面はカリッとした、ぐつぐつのチーズ。パンは、甘い玉ねぎのスープを吸って、ふんわり、じゅわ~っ。熱々で美味しく、元気の出る朝ごはんです。

飴色玉ねぎは、忙しいお母さんにぴったりの保存食です

飴色玉ねぎは、冷蔵3日、冷凍1か月ぐらい保存ができるということです。カレーやハンバーグ、コロッケなどにも使うことができるので、たくさん作って冷凍しておくと便利ですよ。

つくる時は、ぜひ無添加の美味しい材料で

美味しいオニオングラタンスープを作るなら。ぜひ、お子さんにも安心な、無添加の美味しい材料を選んでみてください。

私が使っているコンソメは、「大地宅配」の洋風ブイヨンです。

f:id:YellowViolet:20170329160531j:plain

原料は、チキンエキス、食塩、砂糖、ポークエキス、しょうゆなど、自然の素材のみ。化学調味料が使われていないので、体に優しいのはもちろんのこと、自然な味わいが、びっくりするほど美味しいです。10袋入りで500円ですが、お休み自由の定期会員になると、10%オフの446円になり、お得です。

そしてとろけるチーズは、添加物の入っていないものを。溶けるチーズに当たり前のように入っているセルロース(結着防止剤)。不要な添加物だと知って、初めてセルロースなしのチーズを食べた時は、その美味しさに驚きました。「大地宅配」では、「北海道シュレッドチーズ」を取り扱っています。

飴色玉ねぎをつくる時間がなかったら。丁寧に手作りされた、無添加のレトルト商品を使う手もあります。こちらも「大地宅配」で、「オニオンキャラメリゼ」の名称で、取り扱いがあります。

自然の甘みがたっぷりな、熱々オニオングラタンスープで、心も体も温かい朝をお迎えください。


子どもたちへの安心コース! 大地宅配の「とくせん定期便」

スポンサーリンク
 

*こちらの記事も合わせてどうぞ。