いいかげん暮らし

なるべく丁寧、疲れたら手抜き

保育園児(幼児さん)・小学生の夕食レシピ【海老と卵とブロッコリーの炒め物】お迎え後30分で、簡単、美味しい晩ご飯*この食材、組み合わせ最強!

中華料理屋さんで食べるような「海老と野菜の塩炒め」が食べたくなったので、今日の夜ご飯は、子ども向けに卵も加えた中華炒めにしました。ちゃんとお店の味になってびっくり!大人も子どもも大満足。10分でできて、簡単、美味しく、おすすめです。

海老と卵とブロッコリーの炒め物

今日の30分ご飯の献立

  • 海老と卵とブロッコリーの炒め物 ミニトマトを彩に
  • 納豆(最近、出番が多いな 笑)
  • 海苔のすまし汁(お味噌汁の具を買い忘れました 汗)
  • ごはん
スポンサーリンク
 

30分でつくる手順

  1. お米を研いで、20分で美味しい土鍋ご飯が炊ける「かまどさん」で、ご飯を炊き始めます。(※「かまどさん」のご飯の炊き方は、記事の一番下にあります。)
  2. 海老は背ワタがあったら取り除き(私は背ワタ無し冷凍のものを朝から冷蔵庫で解凍)、さっと水で洗い、塩を振って片栗粉をまぶしておきます。多めのほうが最後にとろみがついて美味しいです。
  3. ブロッコリーは茹でて、一口大にほぐします(私は、大量に茹でてバラ冷凍にしておいたものを解凍)。

    卵はたくさん入っていたほうが美味しいので、3つ割って、ざっと溶きます。
    ネギ5センチぐらいと生姜一かけはみじん切りに(お子さんが苦手な場合はなしで!)海老と卵とブロッコリーの炒め物の下ごしらえ

  4. 炒める前に、付け合わせてのミニトマトを切って、お吸い物をつくっておきます。味噌汁よりも多めに鰹節を使って出汁を取り(500mlに多めの一握りぐらい)(またはだしの素があればそれでも)、塩、小1/2、みりんと酒、大1/2、醤油、醤油差しからちょろ~っと一振り、ぐらいを基準にして、好きな味に調えます。本当のお吸い物は、薄口醤油と塩だけで味付けということなのですが、私はうまくいかないので、みりんとか酒とか入れちゃいます。このほうが美味しいので。
  5. 「海老と卵とブロッコリーの炒め物」に戻ります。最初に卵を焼いて取り出しておきます。少し油を引いたフライパンで、半熟に焼いておきます。

    半熟に焼いた卵

  6.  油(サラダでもゴマでもお好みで)を引いたフライパンにネギと生姜を入れて火にかけ香りを出してから、

    ネギと生姜の香りを出す

    エビ、ブロッコリーを投入。いい感じに焼けてきたら鶏ガラスープの素(粉末)を小1/2強ぐらい入れて、水を50ml~100mlぐらい入れて様子を見ます。薄かったり濃かったりしたら、スープの素と水で味を調整。

    海老とブロッコリーを炒める

    最後、卵を再び入れて、ざっと混ぜます。

    海老と卵とブロッコリーの炒め物

出来上がり!

海老と卵とブロッコリーの炒め物の晩御飯

海苔は食卓で娘が自分で細かくして入れました。楽しかったようです。具を買い忘れましたが、海苔のお吸い物も、娘に好評でほっとしました(笑)。

*20分で美味しい土鍋ご飯が炊ける、「かまどさん」の使い方はこちらです。

*調味料は「大地を守る会」のものが、安心安全なのに美味しくておすすめです。今日のお吸い物は、「みのり醤油」、「千代菊の純米料理酒」、「三河みりん」でつくりました。調味料が美味しいと、料理の腕が多少アレでも、何とかなるので不思議です(笑)。お休み自由の定期会員になると、10%オフで買うことができてお得ですよ!

 
子どもたちへの安心コース! 大地宅配の「とくせん定期便」 

(投稿日:2016年12月10日 /更新日:2017年6月23日)

スポンサーリンク
 

 *こちらの記事も合わせてどうぞ。