いいかげん暮らし

なるべく丁寧、疲れたら手抜き

保育園児(幼児さん)・小学生の夕食レシピ【親子丼】お迎え後30分で、簡単、美味しい晩ご飯

今日は、簡単につくることができて、子どもから大人まで、みんな大好きな親子丼にしました。私が、食感のある玉ねぎが得意ではないので、家では玉ねぎなしで、子どもは海苔を、大人は海苔と三つ葉をかけていただきます。今日はやりませんでしたが、白ネギを入れることも。半熟とろとろの親子丼。娘も大好きで、幼児の時から良く食べていました。短時間でできるのでぜひお試しください。

三つ葉の親子丼

今日の30分ご飯の献立

  • 親子丼
  • 豆腐の味噌汁
  • サラダ
スポンサーリンク
 

30分でつくる手順

  1. お米を研いで、20分で美味しい土鍋ご飯が炊ける「かまどさん」で、ご飯を炊き始めます。(※「かまどさん」のご飯の炊き方は、記事の一番下にあります。
  2. 親子丼をつくります。濃縮の麺つゆを水で薄めたものの中に、一口大に切った鶏肉を入れて火をつけます。(※今回は3倍濃縮だったので、100ccの麺つゆに200ccの水を足しました。沸騰後に味見をしてみて、しょっぱかったら水を足したり、砂糖を少し入れたりすると美味しくなります。)沸騰したら結構灰汁がでるので取り除きます。鶏肉が片側だけに寄っているのは、子どもがあまり肉が好きではないので、子ども側を玉子丼にするからです。親子丼をつくる
  3. 親子丼の卵とじをする前に、 サラダと味噌汁を作っておきます。サラダは、今日は、レタス、ラディッシュ、ミニトマト、ブロッコリーにしました。ドレッシングはありもの、または簡単なものを手作りします。そして三つ葉を切っておきます。
  4. 親子丼を卵でとじます。旦那は残業で遅いので、煮汁を別鍋に取り分けておいて、私と子どもの分をつくります。卵は3個。お好みですが、あまり混ざり過ぎないように、白身を切るように10回ぐらいそっと混ぜます。

    親子丼の卵をまぜる

  5. 煮汁を沸騰させ、沸騰したら強めの中火にし、溶き卵を入れます。真ん中の卵はあまり火が通らず、生過ぎてしまうので、できるだけ鍋の外側に入るようにします。または箸で真ん中の卵を外側に寄せます。2分したら火を止め、蓋をして1分待ちます。幼児なので、生過ぎない半熟にしています。

    親子丼を半熟卵にする

熱々のご飯にかけます。大人はこのタイミングで卵の上に三つ葉をかけます。

出来上がり。

子ども用はこちら。少し鶏肉も入っていますが、ほぼ玉子丼です。

子ども用親子丼

大人用はこちら。熱々のうちに三つ葉を煮汁に混ぜながら食べると美味しいですよ。

大人用親子丼

子どもも私も、途中から海苔をかけて、味を変えて食べるのが流行っています。

海苔のかかった親子丼

親子丼に使っている器は、白山陶器の麻の糸シリーズ。子どもにとって食べやすい丼をずっと探していて、ようやく見つけたお気にいりです。磁器のもので、ちょうどよい高さが、カレーやシチュー、炒飯、焼きそばなど、何にでも合って、使い勝手がいいのです。子どもも、スプーンでもお箸でも食べやすいようです。木の器と違って、食洗器で洗えるところも気に入っています。白山陶器の食器は、シンプルでおしゃれなものが多く、窯元が長崎県なので産地も安心です。

ブラウンシチューでも使ってます!

*20分で美味しい土鍋ご飯が炊ける、「かまどさん」の使い方はこちらです。

*楽天で買うなら、年会費がずっと無料の「楽天カード」に登録すると、キャンペーン期間に応じて数千円の割引になってお得です。


楽天カード

*調味料は、大地を守る会のものが、無添加で美味しくておすすめです。お休み自由の定期会員になると、10%オフで買うことができてお得です。

 
子どもたちへの安心コース! 大地宅配の「とくせん定期便」 

(投稿日:2016年12月9日 /更新日:2017年6月14日)

スポンサーリンク
 

*こちらの記事も合わせてどうぞ。