いいかげん暮らし

なるべく丁寧、疲れたら手抜き

大人も美味しい、保育園児の夕食:照りっ照りが美味しい!焼き豚

オーブンで焼くチャーシュー。煮るチャーシューより、うちではこれが好評です。つけておいて焼くだけなのですが、焼き時間がかかるので、お休みの日にたっぷりつくります。金曜日の夜からつけていおいて、土曜の夜ご飯にオーブンで焼くだけ、もおすすめです!

照りが美味しい焼き豚

*平日レシピ、「帰宅後30分で晩御飯」はこちらです。

スポンサーリンク
 

焼き豚の作り方

材料

  • 豚肉500グラムから1キロぐらい。お好みですが、うちでは脂身の少ないロースか肩ロースを選んでいます。
  • しょうが 一かけ(なくても)。すりおろします。
  • 調味料(醤油70cc、砂糖70グラム、オイスターソース小1~2ぐらい*オイスターソースはなくても)
  • ※醤油はできれば濃口、砂糖はきび砂糖か、てんさい糖、黒砂糖でつくると美味しいです。

作り方

  1. 調味料と生姜のしぼり汁を混ぜ、豚肉を2~3センチぐらいの厚さに切り、つけこみます。1日、できれば2日漬け込むと、味がしみこみます。途中で一度、表裏を返します。そしてサランラップを肉の表面に密着させるように、くっつけておくと良く漬かります。蓋もしておきます。

    チャーシューをつけておく

  2.  つけだれから肉を取り出し、鉄板にクッキングペーパーを敷いて肉を置き、220度に余熱したオーブンの中段で、60分焼きます。30分したら一度裏返すと、両面こんがり良く焼けて美味しいです。オーブンによって癖がありますので、温度と焼き時間は様子を見ながら調整してください。

    オーブンで焼き豚を焼く
    うちのは東芝の石窯オーブンンですが、パンやお菓子も上手に焼けるし、汚れてもさっと拭くだけでキレイに保てるので、気に入ってます!

  3. つけだれは、小鍋に移して、煮詰めます。灰汁が大量に出るので、沸騰したらスプーンで取り除きます。つけだれを煮詰める灰汁、こんなに出ました!灰汁

出来上がり!焼き豚

食べやすいよう細く切り、お好みで煮詰めたたれをかけていただきます。

チャーシューがメインの夜ご飯

からしをつけても美味しいですし、大きめに切ったレタスで巻いて、マヨネーズをつけて食べても、さっぱりと美味しくいただけます。簡単にできるのに、年越しや、お正月、パーティなどにぴったりな一品です。

冷めてしまったら、トースターで温めなおしてみてくださいね。

*チャーシューの漬け込みは、野田琺瑯が便利ですよ。ホーローは汚れも臭いもよく落ちますね。他にもぬか漬けをつけたり、作り置きを保存したり、色々と活躍してくれてます!

*楽天で買うなら、年会費がずっと無料の「楽天カード」に登録すると、キャンペーン期間に応じて数千円の割引になってお得です。


楽天カード

*調味料は、大地を守る会のものが、無添加で美味しくておすすめです。チャーシューは、大地を守る会の「みのり醤油」でつけると、夫も分かるくらい、全然味が違います!お休み自由の定期会員になると、10%オフで買うことができてお得ですよ。

 
子どもたちへの安心コース! 大地宅配の「とくせん定期便」 

(投稿日:2016年12月6日 /更新日:2017年6月9日)

スポンサーリンク
 

*こちらの記事も合わせてどうぞ。