いいかげん暮らし

なるべく丁寧、疲れたら手抜き

保育園児(幼児さん)・小学生の夕食レシピ【煮込みハンバーグ】お迎え後30分で、簡単、美味しい晩ご飯*まずいビーフシチューのルーを美味しく復活!冷凍庫一掃メニュー

つくるのに失敗して、そのままではまずくて食べられないビーフシチューのルーをなんとかしたい!ちょうどベーコン、ブロッコリー、パンの耳があったので、煮込みハンバーグにしました。

煮込みハンバーグ・デミグラソース

ちょっと話は逸れますが、クックパッドのレシピって、素晴らしく美味しいものもたくさんあるのですが、「つくれぽ」がそれなりについていながら、「ほんとに!?」っていう、びっくりするレシピがありませんか?今回作ったビーフシチューのルーがそうで、ソースやケチャップで作るビーフシチューのレシピ、分量的にちょっとあぶないなーと思いながら、でも大量に残っている赤ワインを消費できるなら、と作ってみたのですが、案の定、その日の夕食は別のものになりました(笑)。

スポンサーリンク
 

でも捨てるのは悔しいので、冷凍して取っておいたものでリベンジです。酸っぱ過ぎるビーフシチューがデミグラソースとして美味しく生まれ変わりました。

今日の30分ご飯の献立

  • ご飯
  • 煮込みハンバーグ
  • 大根の味噌汁

30分でつくる手順

  1. お米を研いで、20分で美味しい土鍋ご飯が炊ける「かまどさん」で、ご飯を炊き始めます。(※「かまどさん」のご飯の炊き方は、記事の一番下にあります。)
  2. 鰹節でだしを取って、味噌汁をつくります。今日の具は大根の千切り。大根を出し汁で煮込むところまで先にしておいて、おかずができたら最後に味噌を溶き入れます。
  3.  煮込みハンバーグをつくります。チョッパーでまずパンの耳をパン粉にします。チョッパーでパンの耳をパン粉に

  4. ひき肉400gを入れたボールに、パンの耳を入れ、牛乳50ccぐらいを上からかけます。

    パンの耳に牛乳をかける

  5.  次に玉ねぎ半分をチョッパーにかけます。ものの10秒でこの通りみじん切りに。3秒で一度蓋を開け、上に上がってきている玉ねぎを下におろすと、均等にきれいなみじん切りになります。玉ねぎの水気を切ってボールに。塩コショウ少々かけて、ハンバーグを形成します。チョッパーは、まずパンの耳、次に玉ねぎの順番です。先に玉ねぎにしてしまうと水気がついてパン粉がつくれません。それと、時短の時は玉ねぎを炒めている時間がないので、細かめの微塵切りにしただけでタネに入れてしまいますが、炒めた方が断然美味しいので、休みの時は炒めてつくります。時短の時は玉ねぎなしでもいいかも。

  6. 大きめのフライパンで焼きます。小さめに形成し、形成するそばから、フライパンに並べていくと、洗い物が少なくて済み、時短にもなります。ベーコンもちぎって入れてしまいます。中火で4分、ひっくりがえして4分ぐらい。煮込むといっても、よく焼いたほうが美味しいです。

    煮込みハンバーグを焼く

  7.  ここで失敗したビーフシチューのルーを投入。そして様子をみながら牛乳を足していきます。(酸っぱいビーフシチューには牛乳を入れると酸味が和らぎます。試したことはありませんが、本格的には、カラメルソースか飴色玉ねぎを入れるとばっちりだそうです。あとはやっぱり砂糖でしょうか。)

    失敗した酸っぱいビーフシチューの活用

  8.  解凍したブロッコリーを入れて少し煮込み、チーズバーグにしたい方はここでチーズを乗せます。子どもはとろけるチーズ、私はスライスチーズが好み。2種類かけています。

    チーズハンバーグ

  9.  蓋をして7分ぐらい煮込みます。

    蓋をしてハンバーグを煮込む

できあがり!娘用はこちら。
今日は帰宅が遅くなってしまったので、煮込みハンバーグとご飯と大根の味噌汁だけ。食後に果物でも出しましょうか。

煮込みハンバーグの夜ご飯

ビーフシチューとして出した時は「酸っぱくて食べられない!」と言っていたソース。今日は「美味しい!」と完食し、大満足の様子でした。
最後はいつもの「しみしみご飯」(大人の私もw)。

しみしみご飯

*うちで使っているフードチョッパー。ポタージュをつくる時に使うブレンダーや、お菓子を作る時に使う泡だて器などもついていて、分解して洗うことができるので、お手入れも簡単です。


ブラウン マルチクイック ハンドブレンダー

*20分で美味しい土鍋ご飯が炊ける、「かまどさん」の使い方はこちらです。

*市販の煮込みハンバーグのルーは、大地を守る会のものが、無添加で美味しくておすすめです。お休み自由の定期会員になると、10%オフで買うことができてお得です。


子どもたちへの安心コース! 大地宅配の「とくせん定期便」

(投稿日:2016年11月24日 /更新日:2017年6月1日)

スポンサーリンク
 

*こちらの記事も合わせてどうぞ。