いいかげん暮らし

なるべく丁寧、疲れたら手抜き

保育園児(幼児さん)・小学生の夕食レシピ【常夜鍋】お迎え後30分で、簡単、美味しい晩ご飯*へとへとな日に、シンプル材料であったか鍋

「今日は疲れたー!」という日におすすめの、”うまい”、”早い”晩御飯。10分で用意ができます。

ポン酢で常夜鍋

だんだん疲れがたまってくる、週の真ん中、水曜日。一週間がんばって働いて、へとへとな週末、金曜日…。

お惣菜は美味しくない!外食はしたくない!子どもも喜ぶけど、大人の自分も満足できるものが食べたい!そんな時におすすめな食べ物が、鍋料理ですよね。その中でも、何が一番かと聞かれれば、私は迷わず常夜鍋です。

毎日食べても飽きないから「常夜鍋」と言われますが、正にその通り。簡単で美味しく、さっぱりしているので、いくらでも食べられますよ。

豚肉は、疲れが吹き飛ぶビタミンB。ほうれん草は強力な抗酸化力を持つベータカロチンの宝庫。常夜鍋では、家族3人で、ほうれん草一束ぺろりです。お湯で湯がいてかさが減るので、一人でも一把食べられると思います。

常夜鍋

今日の30分ご飯の献立

  • 常夜鍋
  • ご飯
スポンサーリンク
 

常夜鍋の材料

常夜鍋の材料

  • 豚肉しゃぶしゃぶ用:できれば奮発してデパートのフイルムラップのものを。断然肩ロースがおすすめです!

    豚肩ロースしゃぶしゃぶ

  • ほうれん草:時々束の中のほうが、水っぽくなって、少し傷んでいるものがあるので、私はものすごくよく見て買うことにしています(笑)。
  • 大根:ポン酢には大根おろし。大人二人ですが、半分ぐらいたっぷりおろします。
  • お豆腐:絹が好きですが、お好みで。
  • ポン酢とごまだれ:お好みで美味しいものを。ポン酢は「有機ぽん酢しょうゆ」が、自然な味わいでおすすめです。ごまだれは、「金笛胡麻ドレッシング」を使っています。こちらも本当に美味しいです。上の写真の時は、お気に入りのものが売っているお店に行けなかったので、普通の味ぽんとゴマダレです。いつもはこちら。

    f:id:YellowViolet:20170311223959j:plain

  • 醤油:娘と夫はシンプルに醤油で食べるのも美味しいと言います。

30分で作るための手順

  1. お米を研いで、20分で美味しい土鍋ご飯が炊ける「かまどさん」で、ご飯を炊き始めます。(※「かまどさん」のご飯の炊き方は、記事の一番下にあります。)
  2. 土鍋に、昆布を入れるでもなく、ただお湯を沸かし、その間に、ほうれん草を洗って切て、豆腐も切って、大根をおろすだけです。
  3. 準備ができたらガスコンロをセットして、しゃぶしゃぶスタートです。お肉も、色気も何もなく、フイルムラップのまま出してしまいます(汗)。子どもも火に気を付けながら、しゃーぶ、しゃーぶして楽しんでいます。
  4. ご飯が炊けたら、ご飯もよそって、途中からいただきます。

常夜鍋の食べ方

ごまだれしゃぶしゃぶ

豚肉の中にほうれん草を巻き、ごまだれでいきます。はふはふ、美味しい。そして次は、豚肉の中にほうれん草を乗せ、さらに大根おろしをたっぷり乗せて巻き、ポン酢でさっぱりいただきます。これがまた、少し冷やした赤ワインがすすむ味です(これから子どもとお風呂に入るので、そんなには飲みませんよ)。

途中で、ゴマダレで豆腐。そしてまた肉。ポン酢の豆腐。そしてまたまた豚肉のほうれん草巻きをごまだれでか、いやポン酢でか…と、ごまだれのこってり風味と、ポン酢のさっぱり風味が、無限ループで食べられてしまう、非常に危険な食べ物です(笑)。

最近子どもに、「ママ、あんまり太らないでね~」と何度も言われているので、この辺でやめておくことにします。

肉食の夫にも大好評な常夜鍋。寒い冬だけじゃなく、季節を問わず、おすすめの鍋料理です。

スポンサーリンク
 

*20分で美味しい土鍋ご飯が炊ける、「かまどさん」の使い方はこちらです。

*調味料は大地を守る会のものが、美味しくて無添加なのでおすすめです。お休み自由の定期会員になると、10%オフで買うことができてお得です。


子どもたちへの安心コース! 大地宅配の「とくせん定期便」

(投稿日:2016年10月30日 /更新日:2017年5月17日)

スポンサーリンク
 

*こちらの記事も合わせてどうぞ。